« 池上彰のニュースそうだったのか!!の怪 | トップページ

2016年1月24日 (日)

大雪交通障害の怪

18日は前夜から雪になる事は分かっていた。
公共交通機関も運休、間引き運転についてアナウンスしていた。
テレビラジオも公共交通機関の利用について注意を呼びかけていた。

なのに、何で駅に人が溢れるのだろう。

私は前夜の情報から、18日朝はいつもより早く朝食を採ってラジオを聴いた。
私は神奈川県内の移動なので、自身のエリアを忘れた「東京では」「東京でも」という超東京ローカル報道に執着する稚拙な民法東京キー局に眼もくれず、データ放送で気象情報を細かく得られるNHKとFM横浜を情報の基本とする事が多い。

情報から、自身の責任で15分早発とし、結果、職場にはいつもより15分前に着いた。
私が途中やった事は、1本見送って座るという事をやめた事だけ。
JR東日本アプリで次の列車まで間が空くのが分かっていたから。

京浜急行、相模鉄道の区間運休の影響と見られる乗客のいつもと違う流動に出会い、遅延が増大したが、その程度である。

途中、危険極まりないノーマルタイヤで駅に人を送る「親切な自爆ドライバー」による駅周辺の渋滞を見たが、日本人には、こういう自己中心的な過信をしている人が多いのかなと。
私はいつでも車を動かせるように、冬季はスタッドレスタイヤを履かせており、それが当然と思っているが、雪の中を車で出ようとはあまり思わない。
周りはノーマルタイヤの自爆ドライバーだらけで危険だからである。

話がそれたが、後の報道を見ると、人が溢れただの、情報がどうのとか、果ては東急電鉄に質しに行く等、マスコミの自身の報道のあり方を棚に上げていたのには、なんだかなあって思ったりする。

東急の一部路線では平時でも積み残しが出かねない混雑区間があって、雪による間引き運転が行われれば裁ききれないのは分かっていた筈。
まずそこを踏まえたうえで話をすべきで、マスコミの上っ面の報道には改めて呆れるしかない。

東急沿線に住んでいる人、利用客はその事を分かっている筈なのだ。
しかも情報は逐一携帯端末に入って来る時代だ。
運行障害時にも携帯端末を注視している輩が多いけれど、彼等は一体何を見ていたのか?

携帯端末は使いこなす、あるいは賢く使うものだと思うけれど、そういう人は必要に応じて使っているのであって、人にぶつかりながら歩き乍スマホするような事もないと思うんだけどな。
乍スマホやってる様な輩は、結局は機械に使われているんだよな。
機械はスマート(賢い)という名で呼ばれているけれど、依存している輩は全くスマートではないと。

雪の中、公共交通機関が運休回避を考えるのは、どうしても公共交通機関が必要な人の為なのだと。まずそれを考えるべきであろう。
マスコミは無責任な報道をするくらいなら、有給休暇を取ってゆっくりテレビを観ましょうとか、そういう事を言ってもいいと思うんだけどな。

|

« 池上彰のニュースそうだったのか!!の怪 | トップページ

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570969/63114197

この記事へのトラックバック一覧です: 大雪交通障害の怪:

« 池上彰のニュースそうだったのか!!の怪 | トップページ