« 国道410号線の松丘隧道モルタル崩壊の怪 | トップページ | 大雪交通障害の怪 »

2016年1月 1日 (金)

池上彰のニュースそうだったのか!!の怪

昨年末、12月29日に全部ではないが、「池上彰のニュースそうだったのか!!」を見て気になった点があったので記しておく。

副題が「2015池上総ざらい 昔と今を比べると日本はこんなになっていた 年末特大スペシャル」と長ったらしい。

この番組中、気になったのは未成年犯罪に関するデータの読み解き不足である。
この項の直前、老人のショッキングな犯罪を見せ付けてゲストを誘導すると言う稚拙な演出を行った上で、未成年犯罪のショッキングな事件を映し出すという演出を更に行い池上がグラフを交えて解説する。
実は未成年犯罪の発生割合は減っているのだと。
ここで雛壇に並べられたゲストは「へー」となるわけである。
更に池上の解説は続くが、気になったのは「再犯率」である。
確かに池上が言うように、犯罪総数に対する再犯率は増えている。
しかし示されたグラフから明らかなように、再犯件数そのものは減っているのが見て取れた。
これはどういう事か?

犯罪発生率は減っている。その中の再犯割合は増えている。
ただこれだけの事を池上を態々呼んで解説させる理由は実はない。
ここで池上が注目すべき点は、こんな上っ面の事ではない筈なのだ。

重要なのは、
犯罪発生率は減っている。その中の再犯割合は増えている。しかし再犯数そのものは人口減に応じて減っているという事なのだ。
池上が解説すべきはこの点ではないのか?

データを裏側から見てみよう。

再犯件数そのものは未成年の人口減に呼応して減っていると考えられるから、実は変動があるのは「再犯に及ばなかった犯罪」だった筈なのだ。

言い方を変える。
有意差として考えるべきは犯罪総数に対する再犯率ではなく、未成年者の人口推移とリンクさせるべきで、有意差があると考えられるのは再犯にならなかった犯罪の割合の減少なのである。

これを検証するには、犯罪の数ではなく、犯罪の内容と再犯の多寡について見るべきなのだが、番組中ではその点に全く触れられていない。
また、老人犯罪のデータを推移を見せたりしているのであるから、未成年犯罪とその他の犯罪についても比較検証すべきであった。
また、再犯が初犯を起こした同じ年に必ず起きるわけではないという含みも持たせておかないといけない。
初犯と再犯の間には時差があるのだ。
直近の犯罪の再犯率は、現時点では分からない。後に分かってくる事なのだ。

このようなデータの読み解きが不充分な状態で、番組はゲストを「へー」と言わせようとする稚拙な演出に傾注し、この当然あるべき比較検証ならびに留意点に関する説明を行っていないのだ。

池上はデータの内容を読み解くような事を言う。
しかし、その番組でデータの読解力不足を露呈したと言えるのだ。

ゲストに弁護士の北村晴男がいたが、飾りでないのだったら、突っ込みを入れて池上を困らせるくらいでないと困る。

(文中敬称略)

|

« 国道410号線の松丘隧道モルタル崩壊の怪 | トップページ | 大雪交通障害の怪 »

ニュース」カテゴリの記事

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570969/62984445

この記事へのトラックバック一覧です: 池上彰のニュースそうだったのか!!の怪:

« 国道410号線の松丘隧道モルタル崩壊の怪 | トップページ | 大雪交通障害の怪 »