« 消費税複数税率の怪 | トップページ | 池上彰のニュースそうだったのか!!の怪 »

2015年12月26日 (土)

国道410号線の松丘隧道モルタル崩壊の怪

9人もの人の命を奪った人命軽視の危険構造物由来の笹子トンネル事件を受けて、補修工事の名のもとに、人命軽視の危険構造物構築工事が継続して行われていた。

国道410号線の松丘隧道は、笹子トンネル事件を受けた調査で補修の必要性があるとされ、補修を行っていたとされる。

ところが、それは危険なモルタルを新たにまた危険なモルタルに置き換えると言う、土建屋がやりがちな安全性無視の予算消化形の施工である。
しかもそのモルタルを御丁寧にも重量物のコンクリートの化粧板で覆い隠すと言う念の入れようだ。

この工事に関わった人は多い筈だが、誰一人として「これはおかしい」「危険だ」と思わなかったのだろうか。
「これはおかしい」「危険だ」と分かっても言えないのであれば、それが一番危険なのだ。

笹子トンネル事件の項でも述べたが、重量物を下から支える事なく使用する「土建屋の常識」は、私のような安全性最優先の機械技術者から見れば危険極まりないもので、これが罷り通っている現状を国土交通省をはじめ、関係各所は重視しなければならない。

全長およそ20m、落下総重量23.5t。
これ、電車1両がズドンと落ちたのに相当する。
今出来る事は、同様な施工のトンネル等の設備の即刻使用中止である。
それが出来なければこの手の事件は今後も起きるだろう。

マスコミ各社がやるべき事は、千葉県が異常を見つけた残り7箇所のトンネルが今どうなっているか現地各所に飛んでいって報道し、警鐘を鳴らす事である。
千葉県が見過ごした施設は本当に安全か、他の都道府県はどうか、マスコミがやるべき事は山ほどある。
毎日各報道番組に専用コーナーを設けても、それを延々と続けられるほどのネタはある。
危険な施工基準はどのように生み出されるのか、現場でおかしいと思ってもその声が届かないカラクリ、等々。

実際は極めて残念な事にその気配は薄い。
以前から危険性が指摘されていた・・・そんな報道はもう御免だ。
事は人の命に関わる問題である。指摘された時点で、それが改善されるまでマスコミは警鐘を鳴らし続けなければならない。
危険性を指摘されながら放置の関係者はどんどん吊るし上げるくらいの気概を持つべきなのだ。

マスコミの警鐘により土木の安全性が向上した。記者諸君はそうしたいとは思わないのかね?
広告収入の方が大切なのかな。

|

« 消費税複数税率の怪 | トップページ | 池上彰のニュースそうだったのか!!の怪 »

ニュース」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/570969/62941904

この記事へのトラックバック一覧です: 国道410号線の松丘隧道モルタル崩壊の怪:

« 消費税複数税率の怪 | トップページ | 池上彰のニュースそうだったのか!!の怪 »